医師紹介|入院 訪問看護 食事療法 社会復帰 支援 栄養管理|

休診日:日曜・祝祭日・年末年始・盆休み

医師紹介

準備中






専門疾患

病院 看護部の紹介 

当院の創始者は、開設当時から『患者は本来私たちにとって、管理の対象でなく、サービスの対象である』とし、『職員はサービスに従事する仲間であり友である。気配り、思いやりはこの病院の特徴であり、伝統精神である』と謳っています。
 この精神は現在も脈々と受け継がれており、『地域に必要とされる医療の提供、地域で支えるケアを』との指針を基に、職員一同取り組んでいます。
 当院は全ての患者さんが任意で入院されており、社会復帰の支援に重点をおいた日常の看護に取り組んでいます。

1.病棟看護では、日常生活のあらゆる場面を社会生活技能訓練(SST)ととらえています。
2.都や区の事業を活用した退院支援の取り組みを行い、地域の社会資源と協力体制をとっています。
3.退院後の訪問看護の充実を目指しています。

 



                                  


 


【食養部】
■当院では、食養部という名称を用いています。
食養部とは、食を通して、患者さんの体や心を養い育んでいきたいという理念によって名づけられたものです。患者さんが、身体的・精神的に穏やかに過ごして頂ける様に日々努めています。
 
■手作りをモットーとしています。
家庭料理に近づけることを目標にし、旬の食材を生かした行事食や患者さんのリクエストに応えるお好みメニューを実施しています。
 
■広い食堂で、楽しく食事をしています。
今年度のキャッチフレーズ「食事は、ゆっくり良く噛んで残さず食べましょう」を掲げ、音楽が流れる和やかな雰囲気の中で、食事をして頂いています。
 
■個人に合わせ、栄養管理を実施しています。  
管理栄養士が中心となって、他の部署との連携を図り、すべての患者さんに個別に栄養管理を実施し、随時栄養教育も実施しています。





                             

当院の特徴紹介

外来のご案内 

※当院は精神科単科病院です。

入院案内

医療福祉相談

精神保健福祉相談